レビュー『幼女さまとゼロ級守護者さま』


 これは、ライトノベル界に仕掛けられたミステリーからの挑戦状である。

 




▽記事更新が遅くなって申し訳ない。

▽突然だけど、今回は冒頭の作中引用は無しとさせてもらうよ。

▽何故かって、それはあまりにも『幼女さまとゼロ級守護者さま』という作品が巧妙に仕掛けられているからだ。

▽これね、本当にレビューに困るのよ。

▽このブログは基本的に考察ブログではないし、かと言ってネタバレをしない訳でも無い。

▽しかし、読んでもらうことを目的にする以上それをし過ぎても良くない。

▽だけどこの作品はね、要素を一つでも掘り下げてしまえばそれだけ初見で読んだ時の感動が薄れてしまいかねない、そんな作品なんだ。

▽だから今回は、随分と曖昧でふわっとしたレビュー……というかまぁ、普通の感想になることを勘弁して欲しい。

▼それでは、本文へどうぞ▼


『幼女さまとゼロ級守護者さま』


著 すかじ
イラスト 狗神煌


 まず始めに、この作品は幾つかの側面を持っています。

 否、幾重もの仮面を被っていると言った方が的確かも知れません。

 先ず第1の仮面として、用語を大量に使用するということ。

 作中にはスムーズな読解に専門知識を必要とする用語にオリジナルの設定的用語が大量に羅列されています。

 始めてこれを読んだ時、僕はあまりの情報量の多さにそれをシャットアウトしながら半ば飛ばし読みしていました。

 しかし、何周かした今ではこれが著者による読者を騙す為の仮面である、と考えています。

 では次に第2の仮面。
 
 この作品は常に三人称視点で物語が展開されていますが、これがまた読者を騙す訳です。

 詳細を書くことは控えますが、僕は見事に誘導されてしまいましたね。

 タイトルの作りとか進行とか、本当上手く擬態してますよねぇ……。

 そして第3の仮面。

 この作品は、上の2つを理解している人間ほど騙されます

 知識も大丈夫、三人称視点の誘導にも引っかからず本当に三人称視点のまま読み進められる。

 そんな読者こそを騙すのが幼女さまという作品なのです。

 これは作中展開もそうなのですが、この作品は賢者を騙すことに特化されています。

 愚者はそもそも理解出来ず、理解しようとした凡人は自らを愚者と思い知り、知恵を持って挑んだ賢者はその伏線の精巧さに平伏するしかない。

 最後に漏れるのはただ、感嘆の溜息のみ。

 いや本当に、内容を語れないのです。

 語れば面白さは霧散してしまいかねないから。

 だがしかし、読んでいただきたい。

 それも1度ではなく最低2度は、ね。

 ライトノベルに置いておくには惜しい、新たな時代を切り開く高度なミステリファンタジア。

 きっと読んで損はさせません、これを読んで損をしたと思ったなら貴方が愚者だ。

 そう言い切れる『幼女さま』、是非とも手に取ってほしい。


▽うん、なんかね。

▽僕も最初は『なにこれ読みにくすぎない?』とか『まー、やりたいことはわかった?けど』とかほざいてたんだけどね

▽読み直してみて思ったよ。

▽我が身こそ愚者であるなんてね。

▽ライトノベルなんて枠組みに置いておくには本当に惜しいね。

▽どうにか続いて、最後まで駆け抜けて欲しいと切に願う作品。

▽ま、普通のライトノベルとして読んでも幼女さま可愛いし萌えたりは出来るんだけど。

▽やっぱり、ミステリーに挑む気持ちで読んでもらいたいかなーって。

▽大分ふわっとしちゃったけど、兎角熱だけでも伝われば幸い。



▼下のリンクから公式ホームページにどうぞ▼

GA文庫 4月発売タイトル一覧


▼余談▼

▽メロンブックス限定有償特典のメタルブックカバーが最高に良い

▽タペストリーとかも可愛いんだけど、やっぱり本に付けれるってのは最高。

▽このまま全巻に付いてほしいところ









コメント

非公開コメント