FC2ブログ

レビュー『青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる』

※サムネ用画像




▽やぁ。かの震災で色々失ったけどまぁ、なんとか生きてるうぃずだよ。その代わりに得たものもあるからこの世は等価交換だね、本当。

でも時間を失っても何も得てませんよね。先輩はもっと生産的に毎日を過ごした方がいいと思います。


▽先月は震災あってバタついてたから許して……今はとにかく燃えてるから、色々努力していきたいよね。

それ絶対何もやらないやつだ、ソフィアちゃんは知ってますからね。


▽…………。

それでは本文へどうぞ♪


青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる

青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる (角川スニーカー文庫)

著 刑部大輔 先生
イラスト あやみ 先生


あらすじ
 青春まっただ中の高2において、ぼっちの俺は敗者だ。昼休みに教科書ばかり開いているから成績だけは上がる一方。
 ある日、クラスの陽キャである橘かれんが俺に勉強を教えて欲しいと言い出した。
「にしし、童貞、この問題おせーて?」“気に入った男は食う”と噂される橘とオタク集団からもハブられる俺が二人きりで勉強するうちに、コイツはクラス内でも俺にフツーに話しかけてくるし、何故か放課後一緒に帰ることになるし、気がつけば橘とデートしてるし、あげくにクラスの陽キャ集団から橘と俺が付き合ってるとまで言われ始め・・・・・・!?
「いろんな噂流れてるらしいけど、あたしキミがいちばん仲良い男の子だよ?」
「ふつーにカッコいいし」
「そういうとこ、ちょー好き。好き過ぎ」
「・・・・・・こんなの見られたら、ラブラブだって思われちゃうかもね」
 ギャルとじゃれあって、ぼっちの日常が変わり始める!

「小説家になろう」現実世界恋愛ジャンル年間1位を獲得した大ヒット青春ラブコメが、大幅加筆&書き下ろしエピソードを加えて遂に書籍化!

※公式サイトより引用

 先ず、だ。前提として僕は『なろう年間第1位!』とかの肩書きや帯を、全くと言っていい程信用していなかった。否、今ですら「他にもっと作品の内容とか、書くことあるんじゃないか?」とか考えてしまっている。これはこの作品だけじゃなくて、同じようにwebから書籍化された作品全てに同じことを思っていた。
 だが、だ。この『青春敗者』を読了した僕の感想がこれだ。

あ、そりゃあ1位だ。納得するわ。かれんちゃん可愛いし(納得)可愛いからな(納得)可愛いですから(納得)かれんちゃんry

ええぇ……先輩がそんなにキャラに入れ込むって珍しいですね……?
いつも嬉嬉として「キャラが弱い」とか書いてるのに……


 悪意ある抜粋はやめるんだ、いや、キャラクター性に対する評価は厳しめにしてる自覚はあるけども。
 いやしかし、1ヶ月に最低でも20冊は軽くラノベを読んでいる僕だけど、久しぶりにここまで作品に、というよりヒロインに対して熱意を持ったね。かれんちゃん可愛すぎて正直それ以外語る必要あるかなっていう疑問。


それがこのブログですから……仕事して?


 では先ずかれんちゃんの可愛さを伝えるため、失礼ながら作中より台詞を抜粋しよう。前提として、彼女はクラスカースト最上位のギャルであることを念頭に置いて頂きたい。

えへへ……。同じクラス……だよね?
これ……。この問題……。全然わかんないの…………おせーて?

 これは図書室で初めて主人公に声をかけた瞬間である。当然ここまで、接点は無い。
 主人公はぼっち気質。いや、ぼっち野郎。そんな彼に対して、肩を小突いて話しかけてきたかと思えば、指先は震えながらも可愛くニヤついていた。そして「おせーて?」――この瞬間、既に僕は堕ちていた。チョロい。
 あざといと思う人も居るだろう。だがそれがいい。更にこんな台詞もある。

君にまた友達ができたこと。あったりまえじゃん、こんなにもいい人だもん。えへへ、あたしが最初に見つけたの……





…………すぅ…………はぁああ…………。






あああああ可愛すぎか!?(語彙力破綻)

 あたしが最初に見つけたの……じゃねえよ!? もう主人公の周囲の変化を喜びつつもこう、溢れ出るさぁ、甘々なオーラさぁ!?
 もうね、撃沈したよね。この台詞は本当に、彼女というキャラを良く表してると思う。好きな人が認められて、それが嬉しくて。そんな人を独占しているのがもっと嬉しくて、愛しくて。そんな気持ちが伝わりすぎるくらいに心を打つ。爆ぜろ主人公。何がぼっちだこの野郎!?


お、おぅ…………。



 …………(沈静化)

 ネタバレを控えつつだと彼女の魅力を伝えるのが本当に難しいね。上の台詞だけでもそうとう、来るものがあると思うんだけど……これはやはり読んでもらわなきゃわからないと思う。

 さて内容なのだけど(遅い)ぼっちキャラな主人公が1人のギャルによってクラスカーストを引き上げられるお話。ラブコメ、特に専門的なテーマを持たないラブコメって性質上どうしても冗長になりがちで、シナリオ評価は中途半端になりがちなんだけど、この作品は全体を通して『主人公の進歩・それに伴う周囲の変化』を綺麗に描いていて、ヒロインにだけスポットを当て続けるが故に起こりやすい『置き去りにされる日常環境』という状況になっていないのは素晴らしい点だろう。

ラブコメってどうしても日常背景が置き去りにされがちですもんね。主人公と美少女ヒロインが教室で絡むようになっても特に何も問題が起こらなかったり、何の変化も起きなかったり。誰かが目立つようになれば、誰かの影が薄くなったり人間関係に変化が起こるのは当然だと思いますが……


 主人公の進歩に合わせて変化していくクラスの様子にはハラハラされられたし、『勝者・敗者』を決めつけて終わる訳でもなく、最後には全て丸く収めたのはスカッとしたね。あれは、ぼっちだった主人公だからこそ出来たことだろう。

 ぼっちキャラってどうしても捻くれ者として描かれがちな昨今において、捻くれてない訳ではないがここまでスッキリとしたぼっち主人公はなかなか居ないのではないだろうか? と思わせてくれたよ。

 クラスメイトもただのガヤやトラブルメイカーとして存在してるのではなく、ネームドのキャラクター全てがストーリーを回す存在なのも最高。勿論1巻であるが故に、『ストーリーの為の』感は多少残るが、それは今後の掘り下げで確実に解消していくだろう。先ずは顔見せしつつ、だ。

 文章について言うなら、主人公の脳内台詞回しが某ガガガ系レジェンドぼっちさんを彷彿とさせる、というだけで読みやすく、ギャグも滑り過ぎるということなくふふっと笑わせてもらえた。オマージュ的なネタも含まれるため、楽しむためには若干知識を要求されるが、そんなにマイナーなネタはない為大体の人は問題ないと思われる。やっぱつれぇわネタ、あれはまだ新しいに入るんだろうか。個人的には少し古めと感じたが……通じるならまだまだ笑えるんだろうか

 全体的に高評価、というか今年のラブコメの中では個人的トップまであるのだが、一つだけ気になるところがあるとすればタイトルだろうか。

 若干詐欺ってる様な気がするんだよな……いや、わかっちゃいたが尻軽か……? でも噂ではそう言われてる訳だし第三者から見た時のタイトルと考えれば問題ないのか……?

 ……まぁ、いわゆるそういうヒロインを求めて買った人からはそうじゃないと言われそうなだけで、ヒロインは充分すぎる程に可愛いから安心して欲しい。

 ちなみに著者の刑部大輔先生だが、どうやら僕と同じく北海道在住らしい。先の震災があったからその支援とか、そんな気持ちでも最初は全然構わない。先ずは是非とも読んで欲しい。そしてかれんちゃんに悶えて、ああこれぞラブコメ……と共に天を仰ごうではないか。


青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる (角川スニーカー文庫)



▽ああ、尊い(昇天)


基本白髪・銀髪推しの先輩が金髪キャラにこんなに入れ込むなんて……。
先輩が銀髪以外を好きになった時って、大体ガチなんですよね……ああ、先が読める……


▽よっしゃ店舗特典SS集めるかァ!


知 っ て た


▽では行って参る……ってまだやってないじゃないか仕方ないもう二週位するか(午前5時半)

▽とにかく、かれんちゃんが可愛すぎる『青春敗者』是非とも買って悶えてくれ!!


……あなたのラノベライフが潤わんことを。




青春敗者ぼっち野郎、金髪尻軽ギャルのお気に入りになる (角川スニーカー文庫)

コメント

非公開コメント

No title

ソフィアの存在感がもっと欲しかったわね。ブログの看板娘なんだし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。