FC2ブログ

レビューR18『ジャンヌ・ダルクですが召喚されて邪メイドやってます』

▽やぁ

▽更新が遅くなって申し訳ない、うぃずだよ。

▽ライトノベルの入荷ラッシュでなかなか時間が取れなくてね……重ね重ね申し訳ない。

▽お詫びではないのだけれども、今回は新境地への挑戦をしてみたよ。

▽いわゆる成年向けノベルだね。

▽このジャンルはあまり詳しくないのだけれども、僕の持っている知識を総動員して感想を書きたいと思う。

▽では拙いレビューではあるけれども。

▼本文へどうぞ



ジャンヌ・ダルクですが召喚されて邪メイドやってます (美少女文庫)

ジャンヌ・ダルクですが召喚されて邪メイドやってます
著 山口陽 先生
イラスト 有末つかさ 先生


あらすじ
 憧れのジャンヌ・ダルクを英雄召喚!
 だけど使い魔となった彼女はグータラ邪メイドで!?
 年下ご主人様を踏んづけ足コキ! 煽りに煽って初体験へ!
 M覚醒した聖女は淫乱邪ンヌに進化して牝犬メイドに堕落しちゃう!
 今日もわざとミスしてお仕置きH!
「弘汰、今夜はどんな調教してくれますか?」
※公式より引用


 実は人生初のフランス書院・美少女文庫。

 但し商品としての取り扱いはしていたから、その特色については何となく理解しているよ。

 成年向けノベルの中でも、美少女文庫というのは『時事性』を重視するレーベルであり、簡単に言えばすぐ流行に乗るレーベルでね。

 何らかの作品をオマージュした作品が多いのが特徴で、最近だと『土下座で頼んでみた』という人気コミックをノベル化した『土下座で(本番まで)頼んでみた』なんてノベルを出してたり。

 兎角何かが爆発的に流行れば、それっぽい何かを出すレーベルだと思って問題ない(勿論普通にオリジナルの作品も多いけれどもね)

 そんなだから、今回感想を書くこの作品も随所に某聖杯戦争アプリのオマージュが見え隠れしている。

 その作品には実はあまり詳しくはない僕でも「これはギリギリだなぁ」と思うような描写や設定は、人によってはにやにや出来るしファンからすれば憤慨物かもしれないね。

 内容としては『高潔な英霊を快楽堕ちさせてM奴隷化する』って感じの内容な訳だけれども、全体的にひねくれた描写が一切なく素直に描かれていて、実に読みやすい文章で進行されているのは高評価ポイント。

 実用性を評価する上で、この読みやすさというのは重要でね、『 読み手にシーンを想像させながらも違和感なく読み進めさせる』という点については文句の付けようがなく、誘い受け型マゾヒズムが好きな紳士なら誰でも楽しめる内容となっているよ。

 しかし、それ故に全体的に行為の薄さが目立つ。

 SMプレイとしての水準は満たしてはいるが、そこに重点を置きすぎるがあまりにいわゆる『前戯』や『余韻』に欠けるのは頂けない。

 性行為というのは、実は本番中よりもその前後にこそリビドーがあるものであり、愛撫ピロートークというのは作品の深みを増す上でも重要であることは語るまでもない。

 というか謎空間で自身のこと話さないでピロートークで話せば良かったと思うんだよねぇ……

 主人公の能力についても折角の魔法&絶対命令権を『発情させる』『拘束する』なんてまぁ、在り来りのことにしか生かされておらずファンタジー設定で展開した意味も薄い。

 主軸となるジャンヌ・ダルクについても史実を軽く語りはするが、それだけでありその霊格に触れる事も無ければ有名な異名『オルレアンの乙女』といった単語や、彼女の英傑を語る上で必要不可欠な『シャルル7世』に触れることもない。

 総じて某アプリオマージュ以外に『ジャンヌ・ダルク』である必要性はなく、それ故に『 二次創作の二次創作』というオリジナリティかなぐり捨ての内容になってしまっているのは残念である。

 SMプレイにしても、秘所にシャワーヘッドを突っ込むというファンタジーにしてもありえねぇ暴挙的なプレイをしており(そんなことやったら最悪女性として死ぬからね……)1歩間違えばエロではなくグロになりかねない。

 この作品はあくまでソフトSMに留まっているため、このプレイだけ異質な物となっている。

 また、上でも書いた『前後の軽視』により、イラストもほぼほぼ本番中orフィニッシュの物しか無いのも残念である……口淫の1つくらい差しても良かったと思う。

 但し、だ。これはエロノベルである。

 そんなくだらない細部などかなぐり捨てても許され、というかそれが推奨されるまであるのがエロノベルだ。

 故に、最初に書いた『読みやすさ』というのは明らかな強みであり、読みやすさ=実用性にも繋がるため総合的にそちらの性能は高めと言えるのではないだろうか。

 単純にジャンヌを堕す(オルタ)物を書きたかっただけだろうしね……。

 散々なことを書いたが、これから成人向けノベルに手を出したい! と考えている人にはオススメできる作品ではある。イラストも可愛いしね。

 エロノベル怖い、なんて人は是非ともこちらの作品から手を出してみて欲しい。



ジャンヌ・ダルクですが召喚されて邪メイドやってます (美少女文庫)



▽意外としっかり、小説してるものなんだね?

▽いや、これが本当に驚いたことなのさ。もっとカオスなものかと思ってたからね……他の作品をまだ読んでないからわからないんだけどさ。

▽これからはたまーに、成年向けノベルもこうやって感想を書いていきたいと思うよ。

職場では僕の管轄じゃないから評価厳しめになりがちだけどね!
 
▽さて、それではこの辺りで。

▼また次回、次は早めに上げられますように……


※サムネ用画像

コメント

非公開コメント